藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

停電

昨日は何とか危機を回避した大規模停電。供給電力の97%にまで需要があったそうだ。ギリギリだ。

こういうときには、本来なら広域に電力を融通しあうべきなのだが、ご存知のように東日本と西日本では周波数が違うために思うように融通ができない。

昔は電力政策が全国で一貫していなかったので生じた事態なのだが、東日本はドイツから技術導入したから50Hz、西日本はアメリカからで60Hz。100年経ってもこの状況は変わっていない。

節電のために道頓堀のグリコの電灯が消えたというニュースがあったが、残念ながら西日本の電力はほとんど東日本では使えない。

学生時代はパワーエレクトロニクスの研究室にいたため、電源開発さんのご協力でダムや発電施設にはいろいろと見学させていただいた。その中で思い出すのが、今回注目されている周波数変換所。
周波数変換所は周波数の違う東日本と西日本で電力を融通しあうための施設だが、全国で3箇所ある。私が見学したのが佐久間周波数変換所。佐久間以外には新信濃と東清水にあるらしい。これらを合わせても、周波数を変換できる能力はたった100万kW!

http://naritama.org/report/jpower_sakuma.html

東京電力管内で15日は供給が3300万kWに対し需要が最大3700万kWという予測だったので、全然足りない…。ライフラインが停止したときの混乱は想像を超えており、こうした混乱を避けるためにも容量を増やすことをぜひ検討して欲しい。500万kWくらいあるといい。

一番いいのは、全国で周波数を揃えることなのだが、それは無理だよね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
# by seikatsu1 | 2011-03-18 15:03 | 雑感

やっと動き出した

地震の後はずるずると後退し続けていた状況がやっと前に向いて動き始めた。

今朝、G7が円売り協調介入実施の発表。それと合わせて、10兆円を超す復興国債の発行と日銀引き受けの方針が発表された。

それとともに為替が反転。79円前後から81円台へと一気に戻ってきた。株価も前日比250円高。

自民党の谷垣総裁から臨時増税の話が出たときはひっくり返るほど驚いたが、やっとまともな動きが出始めた。

ただ、日本への資金の還流(いわゆるレパトリエーション)が起こるとしたらこれからだ。また、福島の原発の状況は予断を許さない。まだ、被災者の皆さんは苦しんでおり復興という段階ではないし、余震にも注意が必要だ。

まだまだ、安心してはならない。市場においても、再び円高、株安に突っ込んでいく可能性に注意したいところだ。

最終的には、ゼロ金利、復興国債大量発行に伴う超金融緩和を通じて円安政策が取られ、復興を図り、株高につながる、というシナリオが妥当だろう。こんな時に増税はやめてほしい。

ただ、難しいのがインフレだ。金融緩和はインフレにつながる。これまで円高だったから、原料高、資源高の影響を吸収できていた。インパクトという意味では大きな金額の復興国債発行と行きたいだろうが、物価動向を見ながらの発行になっていくだろう。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
# by seikatsu1 | 2011-03-18 10:07 | 雑感

大地震4

被災地への支援が本格化してきた。世界中のいろいろな方が支援を表明して、とても勇気が出る。

現地で不足しているものが明らかになってきている。一番はガソリン、灯油で、おむつや生理用品なども足りないようだ。電池なども不足している。

これを届けるにも、宅急便などで個人で届けるのは無理なようだ。宅急便の方に聞くとそもそも圏内に入れないそうだ。また、小分けで届いても現地では困るそうだ。

そんな中、近所の品川区役所や目黒区役所が支援物資を送っているニュースがあった。役所で義捐金や支援物資を集めているそうだ。困っているところに直接届けてもらえるなら、ここにしようと思う。

節電など私が協力できることは小さなことだが、少しずつ集まればきっと大きな力になる。困難な状況だが、道は開けるだろう。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
# by seikatsu1 | 2011-03-17 18:46 | 雑感

大地震3

余震が続いているので、ここ数日は布団の上で寝ていないし、どうしても不安で眠りが浅い。東京に居てこれなのだから、被災地の方々は本当につらい思いをされていることだろう。早く少しでも落ち着いて欲しい。

福島の原子力発電所の状況がどんどん悪くなっている。海水をヘリコプターで投下するという、危険な作業を自衛隊の方々が実施していた。リスクよりもリターンが小さすぎる気がしてならない。でも、命をかけて、やらざるを得ない状況に戦慄を覚える。

私は原子力の専門家ではないので、疑問でいっぱいだ。あれだけ海水を注入したり、かけたりしても、高温なのだからどんどん蒸発していくはず。そうなら容器の中に塩がいっぱい貯まってきているのだろうか。塩が貯まれば冷却水のパイプもつまりはしないのだろうか。誰も説明していないのだが、そんなことはないということなのだろうか。

原子炉は停止していても冷却には少なくとも1年はやり続ける必要があるらしい。海水をかけるのは緊急避難的であり一時的な手段であるはずだ。どうして冷却装置の再起動にもっと早く動かないのだろうか。電源の確保に苦労しているらしいが、塩で冷却水のパイプが詰まる前に1年以上続けて冷却できる安定的な方法を回復して欲しい。

詰まらないのなら、もう少し時間が取れるのかもしれないが、本当に良く分からない…。

<追記>
よく考えたら、塩化ナトリウムの融点は約800度だから、溶けていれば詰まらないですね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
# by seikatsu1 | 2011-03-17 18:36 | 雑感

大地震2

街が消えた。

津波は恐ろしいと分かっていたつもりだったが、実は分かっていなかった。大津波警報が津波注意報へと変わった。注意報へと変わったことで、津波被災地への救助活動がやっと始まるだろう。

これまで映像で見えるだけで被災状況が全くわからない状態だったが、徐々に状況が分かってくるはずだ。安否不明者の数は数万人規模であり、想像を絶する被害が出ているかもしれない。

一人でも多くの人に逃げていてほしいと願うだけしかできない。幸いにして逃げることができた方々も、雪の降る中、避難生活を続けている。家族と連絡が取れない、水が届いていない、という声が多いが、どうやったら届けることができるのか。マスコミは声を届けるだけでなく、私達がどんな援助をどうしたらできるか教えてほしい。

原子力発電所は、昨日の爆発を見てもかなり危険な状態であると考えられる。放射能汚染を食い止めるために、命をかけて奮闘してくださっている方々に感謝するとともに、節電などできるだけの協力をしたい。

こんな状態のときに現場に行ってしまう菅総理の行動には失望。総理が動けば皆が動けなくなる。何も分からない菅総理が行って何ができるのか。総理が行かなければ、爆発も避けられた可能性もある。原発がメルトダウンしてしまえば、大勢の国民の命が危なくなる。下手な動きはせず、現場が動きやすいようにしてあげてほしい。

明日は月曜日。電力需要が一気に上がってしまう。原発が止まっているため、首都圏の電車の間引き運転は続くだろう。計画停電が実施される可能性も考えておきたい。停電すれば当然電車は動かない。これだけの緊急事態なのだから、停電は止むなしだ。東京電力と政府は早めに正確な情報を流してほしい。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
# by seikatsu1 | 2011-03-13 09:56 | 雑感