藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雑感( 59 )

久しぶりの更新

うちの会社は6月末決算。期末はやはり何かとやることが多いものです。

今年は特に、親会社と子会社の合併を同時に行ったので大変でした。

11人しかいない会社なのに、2社体制でやってきたので非効率きわまりなかったのですが、これで少しは効率が上がるものと思われます。

見た目は全く変わりませんが新生「生活デザイン」となって、これまで以上に皆様のお役に立てるよう努力いたします。

今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-07-03 10:00 | 雑感

今日の豆知識

今朝、渋谷でいつものようにうちの娘たちと一緒にバスを待っていたときのこと。同じ学校の女の子が、

女の子「魚飼ってるんだよ」

私「どこで?」

女の子「うちで」

娘たち「そんなの聞かなくても、当たり前でしょ!」

(だって、学校でかもしれないじゃん)

私「へぇ、どんな魚飼ってるの?」

女の子「カージナル・テトラに○×△・・・」

(あまりに長いカタカナ名で全く判別できず。)

私「…、いちいちおしゃれな名前の魚たちだねぇ。それで、その魚小さいの?」

女の子「小さいよ」

私「どんな色してるの?」

(と、延々と続くも全くどんな魚かイメージできず。小さいめだかのようなものか。)

私「きれいな魚なんだねぇ。うちも魚飼ってるんだよ」

女の子「どんな魚?」

私「めだか!」

女の子「・・・」

王道すぎたのか、あまりにわかりやすかったのか、それ以上は話が広がらず。

めだかとか金魚とか鮒とか鯉とか、飼育しやすいしわかりやすくていいと思うんだけどなぁ。でも、おしゃれじゃないか。

娘たちが言うには、そのカージナルテトラという魚は学校でも飼っているらしく、結構メジャーな魚のようです。でも、きっと私のようにそんなの知らないよという人のために、こんな魚です。


カージナルテトラ

photo by Wikipedia

写真を見ても、赤いメダカに見えてしまうのは私だけでしょうか。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-04-21 08:55 | 雑感

天才!


前回の投稿でご紹介したマルコム・グラッドウェルさんの「天才!」。非常に味わい深い本でおすすめです。

天才が生まれたのは才能だけじゃない。幸運と努力が重なってはじめて天才になったんだ。という本。

幸運についてはいろいろとあげられています。一つは生まれたタイミング。

例えば、日本でもよくあることですが、同じ学年でも早生まれの子は体格、成長の度合いで遅れを取ってしまうということ。スポーツのエリート選抜ではもっと顕著に差がでるそうです。そうなると、たまたまいい月に生まれた子は、ちょっと成長が早かったことだけで、質が高い訓練をタップリと受けることができます。ちょっとした差が、どんどん拡大されていく、ということです。

また、生まれた年によっても、差が出ます。私はバブル期組だったので就職には苦労しませんでした。ところが、その後の世代は就職氷河期。同じ大学を卒業しても、その後の人生に大きな差がついてしまいます。もっと大きな話になるとビルゲイツさんが生まれた年は丁度IT起業家にとっていい時期だったそうです。他の有名なIT起業家も多くが同じ時期に生まれているとか。また、生まれた国、地域、いろいろと運が必要のようです。

努力に関しては「1万時間」という具体的な数字をあげて論じています。どんな天才も1万時間を超える修練がないと花開かないとか。モーツアルトしかりビートルズしかり。

うちの子たちもピアノを毎日のように練習していますが、1日2時間平均での練習だと1万時間に到達するには14年弱かかります。3歳から始めてやっと高校の時です。気が遠くなる話です。でも、こうした訓練を受けてはじめて天才は生まれるのだそうです。

親が無理やり教えることに否定的な人は多いですが、子どもが自分でこれだけの時間の練習するのは難しいでしょう。結果的に親に厳しく教えてもらった経験は財産になることが多いような気がします。その代わり、1万時間という時間を考えると、やるなら徹底的にやらないとならないことになりますので、親は体力的にも財力的にも大変です。

もちろん運と努力があれば天才になれるわけではありません。それには才能が必要です。ただ、才能は高ければ高いほどいい、というわけではないようです。「十分高ければいい」ということです。たとえばIQがありますがIQが190の人と120の人では成功する確率はそれほど変わらないそうです。

こうしたことがすべて重なって「天才」は生まれるそうです。

飽きっぽい私としては、この1万時間という数字を見て途方に暮れましたが、仕事に関してはあっという間に1万時間に到達していたことに気がつきました。創業期は休みもほとんど取らずがむしゃらに働きましたので年間の労働時間は5000時間に迫っていたはずです。すべて新しいFPサービスの開発やその実施にかけていましたので2~3年で1万時間は到達していたでしょう。そこに家計見直しブームがやってきたわけですから、運もあったのでしょう。

まあ、私は成功したわけではないですが、自身の経験と合わせてみてもストンと理解できる内容でした。効率的に楽して成功するという本が多いなか、そりゃそうだよなと思える面白い本なのでぜひ読んでみてください。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-04-14 08:55 | 雑感

デビューしました!

デビュー目前!と書いておきながら、報告していませんでした。念願のコースデビューしてきましたよ。

ただ、テンションが高かったのは1Hのティショットを打つまで。

記念すべき第一打は「ナイスショット!」って言いたいところですが、何と

後ろへ飛んでいきました(えっ!?)

ドライバーの先に当たって一旦前に行ったのですが、バックスピンがかかり戻ってきてそのまま後ろへ転がっていきました。何という珍プレーでしょう。でも笑えませんでした。

それからはもう苦難の道。

「行ってきます!」ってクラブを2~3本持って、林の周りを走り回るばかり…。パットもちょっと打っただけで、ツーッて転がっていくし。

こんな感じで最初の2Hで24打も打ってしまいました。「よく数えた!」とキャディさんには褒められましたが(?)。

ゴルフってこんなスポーツだったんだ。下手なだけですね。ただの。

もう、身も心も疲れ果てたという感じです。最後に近づくまでフワフワと何をしているのか分からないし、後ろの人に迷惑をかけないよう「急がなきゃ」って感じで。とにかく慣れませんでした。

苦難の中にもいいことはありました。途中2オンしても3パットでボギーしたり、なかなか初パーが取れませんでした。ところが、最後の463Yロングホールで3オン+2パットの初パーが取れました!これだけは覚えています。

他はほとんど覚えていません。そういえば写真を撮る心の余裕すらありませんでした。

結局スコアは、68+65=133でした。

まあ、初めてならこんなものでしょう。せっかくデビュー戦のために平坦なコースを選んでいただいたのですが、平坦なのはフェアウェイだけ。ヘタクソにとっては山あり谷ありであまり関係なかったようです。池には3度もブチ込むし。

今回はスコアはともかくとして今後に向けてとても勉強になりました。コースに出たときに座標が分からなくなってしまうこと。そのせいもあって練習場どおりのショットを打てなくなること。その他、ダフったらとんでもないことになる、アプローチが上手ならスコアをまとめるのが楽、グリーンはとても速いこと。いろいろ分かったので、次に活かしたいと思います。

マルコム・グラッドウェルさんの「天才!」という本がありますが、その1章にマタイ効果というのが紹介されています。

「誰でも、持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる」という聖書の一節。

ゴルフもまさにこれですね。

「上手な人はいつも簡単な環境で打てるのでスコアが出るけど、下手な人はいつも困難な環境で打たないといけないので大叩きする。」

人生の縮図のようなスポーツなんですね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-04-10 18:47 | 雑感

デビュー目前

昨年10月に練習を始めたゴルフ。あれからもう半年経ちました。

桜も咲き、暖かい時期になったのでついに4月8日にコースデビューです(涙)。

最初は振り回しすぎて背中を痛め、1ヶ月クラブを振れない時期もありました。
その他にもいろいろありましたが、ついにデビューです。

そのデビューするコースはここ。「太平洋クラブ 美野里コース」。



実に美しいコースです。ただ、池だらけで、初心者でも大丈夫なのかとても心配になるしっかりとしたコースです。

恐らく何発も池に林に打ち込むでしょう。でも大丈夫。こんなときのためにブリジストンのバーゲンで12球500円で買ったボールがたくさんあります。

昨日は直前練習のために、TOC屋上にあるゴルフ練習場「フタバゴルフ」へ。

するとそこには見慣れた顔が!Oさんが黙々とクラブを振っているではないですか。そういえば近所に住んでいましたが、五反田であったのは久しぶりです。

どうやら、彼も今年ゴルフを始めたそうです。先日、一足先デビューしてきたそうで、やっぱりかなり叩いたようです。

他人に迷惑をかけないようにそこそこ練習してきたつもりです。ただ、何分経験がありません。狭いところで打ってきただけなので、それが広いコースでどれだけ通用するのかさっぱり分かりません。コースボールでどれだけ飛ぶのかも分かりません…。

さあ、デビュー戦、いくつ叩くか楽しみです。
------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-04-04 10:33 | 雑感

まだ続いています

昨年の6月ごろでしたか。階段登りを始めたのは。

あの頃に「階段を登るようにしたんですよ!」と多くの人に言って回りました。

きっとほとんどの人が「どうせそんなに続かないだろうよ。だって10階だよ!?」なんて思ったに違いありません。だって本人も半分そう思っていたのですから。

それがまだ続いています。本人もビックリです。

最初はゼイゼイ息が上がっていましたが、最近は息も上がらなくなり大体2分程度で10階まで上がれるようになりました。これならエレベーターを待つより早いです。

しかも、最近はグレードアップして「1段抜かし」で上がっています。これは流石に息が上がります。それどころか足がパンパンになります。

そのおかげかちょっとお尻が大きくなったような気が。あまりお尻が大きくなるようであれば、1段抜かしやめます。ズボンが入らなくなると困りますので。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-03-30 20:43 | 雑感

新宿でバッタリ!

今日、新宿駅のホームを歩いていたら、

大学時代にお世話になった慶応大学の村上先生とバッタリお会いしました。10数年前に研究室に遊びにいかせていただいた以来で、あまりに懐かしくてちょっと興奮。

先生は現在、慶応大学理工学部システムデザイン工学科の教授。人とロボットとの協調をテーマに研究をされています。

http://www.fha.sd.keio.ac.jp/

私が学生時代には、先生は博士課程の学生さん。私と違いとても優秀な成績で、いつも出来の悪い私の面倒を根気強く見てくださいました。何とか卒業できたのも先生のおかげなので、頭が上がりません。

今も変りなく日本だけではなく世界中を飛び回って研究をされているようです。つい先日もイタリアのジェノバへ行っていたそうで短い時間でしたが、ジェノバの土産話をいただきました。

東京は人が溢れています。でも、意外に街中でバッタリと再会できるのが面白いところ。今度は誰と再会できるか、また楽しみになってきました。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-03-18 17:33 | 雑感

完治!

突発性難聴の検査のために、耳鼻科へ。
聴力検査をしたところ無事「完治」というお言葉をいただきました。

よかった~っ!

このまま聞こえなくなったらどうしようと思っていましたが、無事聞こえるようになりました。
早期に病院に行って適切な処置をしていただいたのが良かったようです。

ただ、問題は続いています。

というのも、

以前よりよく聞こえるようになってしまいました???
以前であれば気にならなかった音まで聞こえてしまいます。高音、低音問わず…。
聴力検査のデータでも10dBくらい聴力が全体的に上がっています。

聞こえすぎて気持ちが悪い。

そこのあなた!今、悪口言ったでしょう!

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-03-17 18:58 | 雑感

突発性難聴

先週から耳の調子が悪い。最初は飛行機に乗った時のように耳に内圧がかかっているような感じ。それが段々悪くなって、ついに耳が遠くなってしまった。

耳垢がたまったのかと、耳かきをすれど耳垢は思ったほどでず・・・。もっとこう「ごそっ」と出るのではと思ったのだが。

ついに観念して耳鼻科へ行ってみた。外耳には異常が見られず、すぐに聴力検査へ。すると、左耳の聴力が落ちていることが分かった。低音域がほとんど聞こえていない状態だったようだ。

どうりで、夫婦で来られたお客さんの2人の声の聞こえ方が全然違うと思った。右と左の聞こえ方が違うととても気持ちが悪い。集中力がなくなる。

先生によると最近同じような症状の人が多いのだとか。ストレス・疲労などなど、いろいろと原因は言われているが、正直原因はわからないのだとか。分からないものはとりあえずストレスと言っておけば、納得してくれる世の中なんだと。変な世の中だ。

ただ、原因としては2説あるらしい。ウイルス感染が原因とする「ウイルス感染原因説」と内耳の血流に障害が起きているとする「内耳循環障害説」だ。やっぱりストレスは関係ない気がする。

どちらかはわからないので、両方に対する薬を処方してもらった。カクテル療法というらしい。薬を飲んでまだ数日だが、とても調子がいい。両耳ともクリアに聞こえ始めた。

先生によると低音域が聞こえなくなる症状は治る確率が高いらしい。高音域が聞こえないと大変だったようだ。このまましばらくはおとなしく薬を飲み続けていれば元に戻る気がしてきた。

片耳の低音域が聞こえないだけで、こんなに不便だとは正直思わなかった。目が見えなくなるなんて想像もつかない。音が聞こえること、目が見えることはとてもありがたいことだと痛感。当たり前だと思いがちだが、もっと感謝しないといけないな。


------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-03-09 20:47 | 雑感

安いものがいいとは限らない

今日は昼食にTOCビル隣の定食屋「やよい軒」へ。

やよい軒は価格帯が580~900円程度と自分のストライクゾーンではないためめったに行かない店だ。

ところが、今日までの4日間は通常630円のカツ丼を特別に390円で!というポスターが目に入り店に入った。早速注文して座ったが、周囲の人が何を食べているか気になった。

これだけサービス価格なのだから、多くの人がカツ丼を食べているだろうと思ったからだ。

ところが、意外にもカツ丼を食べている人は3人に1人程度。その程度なのだ。もちろん3人に1人であれば相当の割合の人が食べているのだが。

それ以外の人は通常の580円以上の定食を食べている。

人間って面白いものだ。安いからと行動する人は限られている。高くても食べたいものを食べるというのが多数派のようだ。勉強になった。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-02-25 18:00 | 雑感