藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

大地震3

余震が続いているので、ここ数日は布団の上で寝ていないし、どうしても不安で眠りが浅い。東京に居てこれなのだから、被災地の方々は本当につらい思いをされていることだろう。早く少しでも落ち着いて欲しい。

福島の原子力発電所の状況がどんどん悪くなっている。海水をヘリコプターで投下するという、危険な作業を自衛隊の方々が実施していた。リスクよりもリターンが小さすぎる気がしてならない。でも、命をかけて、やらざるを得ない状況に戦慄を覚える。

私は原子力の専門家ではないので、疑問でいっぱいだ。あれだけ海水を注入したり、かけたりしても、高温なのだからどんどん蒸発していくはず。そうなら容器の中に塩がいっぱい貯まってきているのだろうか。塩が貯まれば冷却水のパイプもつまりはしないのだろうか。誰も説明していないのだが、そんなことはないということなのだろうか。

原子炉は停止していても冷却には少なくとも1年はやり続ける必要があるらしい。海水をかけるのは緊急避難的であり一時的な手段であるはずだ。どうして冷却装置の再起動にもっと早く動かないのだろうか。電源の確保に苦労しているらしいが、塩で冷却水のパイプが詰まる前に1年以上続けて冷却できる安定的な方法を回復して欲しい。

詰まらないのなら、もう少し時間が取れるのかもしれないが、本当に良く分からない…。

<追記>
よく考えたら、塩化ナトリウムの融点は約800度だから、溶けていれば詰まらないですね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2011-03-17 18:36 | 雑感