藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

大地震2

街が消えた。

津波は恐ろしいと分かっていたつもりだったが、実は分かっていなかった。大津波警報が津波注意報へと変わった。注意報へと変わったことで、津波被災地への救助活動がやっと始まるだろう。

これまで映像で見えるだけで被災状況が全くわからない状態だったが、徐々に状況が分かってくるはずだ。安否不明者の数は数万人規模であり、想像を絶する被害が出ているかもしれない。

一人でも多くの人に逃げていてほしいと願うだけしかできない。幸いにして逃げることができた方々も、雪の降る中、避難生活を続けている。家族と連絡が取れない、水が届いていない、という声が多いが、どうやったら届けることができるのか。マスコミは声を届けるだけでなく、私達がどんな援助をどうしたらできるか教えてほしい。

原子力発電所は、昨日の爆発を見てもかなり危険な状態であると考えられる。放射能汚染を食い止めるために、命をかけて奮闘してくださっている方々に感謝するとともに、節電などできるだけの協力をしたい。

こんな状態のときに現場に行ってしまう菅総理の行動には失望。総理が動けば皆が動けなくなる。何も分からない菅総理が行って何ができるのか。総理が行かなければ、爆発も避けられた可能性もある。原発がメルトダウンしてしまえば、大勢の国民の命が危なくなる。下手な動きはせず、現場が動きやすいようにしてあげてほしい。

明日は月曜日。電力需要が一気に上がってしまう。原発が止まっているため、首都圏の電車の間引き運転は続くだろう。計画停電が実施される可能性も考えておきたい。停電すれば当然電車は動かない。これだけの緊急事態なのだから、停電は止むなしだ。東京電力と政府は早めに正確な情報を流してほしい。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2011-03-13 09:56 | 雑感