藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

デビューしました!

デビュー目前!と書いておきながら、報告していませんでした。念願のコースデビューしてきましたよ。

ただ、テンションが高かったのは1Hのティショットを打つまで。

記念すべき第一打は「ナイスショット!」って言いたいところですが、何と

後ろへ飛んでいきました(えっ!?)

ドライバーの先に当たって一旦前に行ったのですが、バックスピンがかかり戻ってきてそのまま後ろへ転がっていきました。何という珍プレーでしょう。でも笑えませんでした。

それからはもう苦難の道。

「行ってきます!」ってクラブを2~3本持って、林の周りを走り回るばかり…。パットもちょっと打っただけで、ツーッて転がっていくし。

こんな感じで最初の2Hで24打も打ってしまいました。「よく数えた!」とキャディさんには褒められましたが(?)。

ゴルフってこんなスポーツだったんだ。下手なだけですね。ただの。

もう、身も心も疲れ果てたという感じです。最後に近づくまでフワフワと何をしているのか分からないし、後ろの人に迷惑をかけないよう「急がなきゃ」って感じで。とにかく慣れませんでした。

苦難の中にもいいことはありました。途中2オンしても3パットでボギーしたり、なかなか初パーが取れませんでした。ところが、最後の463Yロングホールで3オン+2パットの初パーが取れました!これだけは覚えています。

他はほとんど覚えていません。そういえば写真を撮る心の余裕すらありませんでした。

結局スコアは、68+65=133でした。

まあ、初めてならこんなものでしょう。せっかくデビュー戦のために平坦なコースを選んでいただいたのですが、平坦なのはフェアウェイだけ。ヘタクソにとっては山あり谷ありであまり関係なかったようです。池には3度もブチ込むし。

今回はスコアはともかくとして今後に向けてとても勉強になりました。コースに出たときに座標が分からなくなってしまうこと。そのせいもあって練習場どおりのショットを打てなくなること。その他、ダフったらとんでもないことになる、アプローチが上手ならスコアをまとめるのが楽、グリーンはとても速いこと。いろいろ分かったので、次に活かしたいと思います。

マルコム・グラッドウェルさんの「天才!」という本がありますが、その1章にマタイ効果というのが紹介されています。

「誰でも、持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる」という聖書の一節。

ゴルフもまさにこれですね。

「上手な人はいつも簡単な環境で打てるのでスコアが出るけど、下手な人はいつも困難な環境で打たないといけないので大叩きする。」

人生の縮図のようなスポーツなんですね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2010-04-10 18:47 | 雑感