藤川太の「しあわせ家計」を作ろう(家計の見直し相談センター)

seikatsu1.exblog.jp
ブログトップ

民主党マニフェスト4年カレンダー


今日ご紹介するのは今週号の「サンデー毎日」。新聞社系の週刊誌はどれも民主党一色ですが、サンデー毎日さんも同じです。

私が登場しているのは127-129Pの「一目瞭然 民主党マニフェストカレンダー」という特集記事。この中で、子ども手当とエコカー減税・補助金についてコメントしています。

子ども手当については、2010年6月に半額の月1万3000円からスタートし、2011年4月から2万6000円になることになっています。これだけのお金をもらってどうするかなのですが、所得が低い方や所得が大きく減ってしまった人にとっては生活費の足しとして使われるでしょう。

それ以外はどうかというと、本当に子どもにお金がかかるのは子どもが高校・大学のときです。お金をもらう時期は子どもが中学卒業まで。もらう時期と使う時期がずれてしまっています。ですから、よろこんで使ってしまうとダメですよ、という話です。

積立貯蓄したり、積立投資というのもいいかもしれませんね。

こう考えると、残念ながら子ども手当は景気対策にはなりにくいんじゃないかと思います。

エコカー減税・補助金は民主党政権になっても続くのか?ということも書いています。これは分かりませんが、鳩山さんは2020年までに温室効果ガスの排出を1990年比で25%削減と言ってしまい、国際公約的になってしまいました。10年ほどでこれを本気で実現しようとすれば、車は全部エコカーじゃないとダメなはず。減税を無くすどころか拡充しないとならないのではないでしょうか。車を買うならこうした優遇措置があるうちがチャンスなのは言うまでもありません。

でも、その財源は当然税金なわけで、車を持たない人には不当な負担になるかもしれません。どうなるのか注目ですね。

------------------------------------------------------------------------------
家計の見直し相談センター
[PR]
by seikatsu1 | 2009-09-09 11:36 | 取材・執筆